ゲーム実況

ゲーム実況環境の作り方~初級編

最初に

初級編ということで、細かい説明はせずにまずは「この通りやってみてください」というような内容になっています。
色々と提示すると、どっちが正しいかわからなくなると思いますのでその辺はご了承ください。

昨今は家にいる時間が増えている人もいて、この時間でゲーム実況をyoutubeへ動画投稿をされたい需要が大きくなっています。
やりかたも千差万別ですが、初心者さんには参考になるものがあったほうが良いと思いますので
ここでは私が使用している一例をご紹介します。

ゲーム実況には
ライブ配信(生放送)動画投稿(録画配信)とありますが、ここではハードルの低い動画投稿についてお話します。

動画投稿に必要なもの

  • Windows PC(パソコン)
  • 配信録画ソフト
  • 編集ソフト
  • ヘッドセット

それぞれ説明していきます

Windows PC
スマホでも録画、編集は出来るかもしれませんが一般的にPCで編集などを行ったほうが
画面も大きく作業しやすいのでPCを使うのがおすすめです。
そしてOSもMacとWindowsがありますが、オシャレなMacを買いたいところですがWindows PCをここでは選択します。

配信録画ソフト
こちらも色々な種類がありますが、ここでは無料のOBS Studioを使っていきます。
OBS Studioのダウンロードはこちら→https://obsproject.com/ja

編集ソフト
初めてだと無料で始めたいところですが、私のおすすめは有料のAdobe Premiere Proが断然おすすめ。
有料だけあって機能としてとても作業しやすく、効率が違います。
単体ですと月額2450円ですが、有名なYouTuberさんも多く使っていますし初級者編では説明しませんが
手間が断然変わってくるので、ここはお金で解決しちゃった方が良い選択となるでしょう。
Adobe Premiere Proはこちら→https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html

ヘッドセット
音を聞くのと同時に自分の声も収録出来るので、まずはゲーミングヘッドセットなどを買うのがおすすめです。
音質などを拘りたくなったら、別でマイクなどを揃えるなどステップアップしていったら良いかと思います。
お好きなヘッドセットで良いですが、私は使っているのはRazer Kraken Blackになります。
Razer Kraken Black はこちら→アマゾンリンク

OBS Studioの設定

OBS Studio(以下OBS)をダウンロードして起動すると以下の画面になります。
↓の画像をクリックすると大きく見れます

どうせ後で細かく触ることになるので、いまは「いいえ」を選択。

それでは設定を変更していきましょう。

左の出力メニューを選択し、出力モードを詳細に変更(それ以外は↑の設定に合わせなくても良いです)

 


録画タブを選択し、設定は↑この設定にしちゃいましょう。
録画ファイルのパスはお好きな場所で構いません。
ビットレートは2020/06/07現在You TubeのフルHD推奨値に合わせてあります。


次は音声から、デバイスのマイク音声を既定に変更し適応を押す。

 


次は映像を選択。
縮小フィルタをランチョスに変更、それ以外はそのままで構いません。
殆どの人が1920×1080のフルHDでYou Tubeを見ていますし、これ以上にすると録画や編集で負荷がキツく現実的では無いのが現状です。
FPSはRPG系なら30、アクション系なら60としておけば問題ありません(こちらも負荷が変わるので、お持ちのPCによって変わりますのでどちらかを試してみてください)

ここまで出来たら適応を押した後にOKを押し設定画面を閉じましょう。


次は下段中央にあるソースから+を押し


ゲームキャプチャを選択


これは何も変えずにOKを押す


次も何も変えずにOKを押します。

お疲れさまでした。
ここまで設定できたら後はゲームを立ち上げて、OBSの録画開始ボタンを押せば
ゲームの映像と音楽、そしてヘッドセットのマイクから貴方の声が一緒に録画されます。
※音声ミキサーをみてもゲームの音が反応していない場合は、設定から音声>デバイスのデスクトップ音声を既定から無効にし、もういちど既定にし直すと直るときもあります。

編集する

あとは録画されたデータMP4をAdobe Premiere Proに読み込んで編集

You Tubeに投稿

ここまで出来たらYou Tubeに投稿して終了になります。

最後に

この説明では細かいことを端折り、まずどうすればゲームを録画しYou Tubeに投稿できるかに絞って記載しました。
初心者さんが躓くのはOBSの設定周りと思いますので、その部分を厚つめにしています。
さて、これで最低限の環境は整いました。
次は恐らく

  • ゲームの音と自分の声を別々に分けたい
  • さらに友達の声も別々に撮りたい

というところで躓くとおもいますので、上級編でそのあたりをご説明したいと思います。

-ゲーム実況

© 2020 MOMOGAAA公園